傘 mitemitai’s blog AFCからナンパ師への道のり

2015.4.14ナンパスタート 最初は典型的なAFC。 ナンパ師への成長過程がブログに記録されてます。 今はまだまだヘボレベル。 公家シンジさん、流星さんが師匠 恋愛工学は一応読んでます

ネトナン②

今回の相手は20代終わりの教育系

レベル低


アポまでの流れ

こちらからイイね。

トリケラスクリプトなどを駆使、ディスり続け

好感触のままライン移行。


会う約束はしたものの日程があわず。

相手がちょっと冷めてくのがわかったが、

何度も日程を確認してくのは非モテ感が出ると思い、ゆるくやりとりしながら一ヶ月後なんとかアポ開催

時間は昼。だがこれ以上日程を伸ばすのは相手からの興味をなくしそうなので夜アポは諦めた


アポ  今回もアポ前にシンジさんの指導があり、マインドを変え情熱を持って接するようにと心がけた。

直接店で集合

L字のソファーでの開催

相手からの話を沢山聞いた。

途中メールとのやり取りと雰囲気違うよね、もっとSかと思ったと言われた。

メールの時のマインドはdisるという当時の考え、今日は情熱という考えで接してるので違うのは当たり前だけど(笑)

でも悪くない雰囲気な気がした

仕事、恋愛の話などした。途中爪の話や髪の話に話題をかえた。

相手の手を触り、その手の上に僕の手を重ねた。

髪はこのぐらいの長さが素敵だよねとかいいつつ触った。嫌がってる感触はない。

相手が今回のアポ後予定入ってる為2時間くらいで解散。

相手は車で来てたため、店を出てすぐに解散。

その間にスキを見つけて一瞬手を繋いだ。

相手は「えっ?」と驚いてた。(でもいい感触の驚き)

ただ僕はそれを受けて何故か反射的に手をはなした。

(今までハンドテストは何回もした事あり、今では自然に手を繋ぐ事はできる。ただ、拒否られた時は手の動きが少し不自然になる。今回は拒否ではなかったが、驚かれたのでつい手をはなした)

「なんとなく触ったんだ」という中途半端なセリフを言って、しまったーと思った。

相手はちょっと驚いたまま「ありがとうございます」って言った。脈ありぽい感じだったが、そのままじゃーねと解散。

次も会おうとメールしたら、脈ありな感じでメール返信、メールは続いてるので次回もアポれると思われる



反省点

ハンドテストして相手が驚いた時、

嫌なら良いよ(^^)

みたいな事いえばよかった

また、ありがとうございますって言われたときにもうちょっとボディータッチすれば良かった

今回は予定があるので、それ以上の事は出来なかったとも思えるが。