傘 mitemitai’s blog AFCからナンパ師への道のり

2015.4.14ナンパスタート 最初は典型的なAFC。 ナンパ師への成長過程がブログに記録されてます。 今はまだまだヘボレベル。 公家シンジさん、流星さんが師匠 恋愛工学は一応読んでます

ネトナン18-②


前回のアポ後の簡略化メールのやり取り


「俺は本当に素敵だと思ったけど、うさんくさいとか信用出来ないとか言われちゃって何一人で盛り上がってたんだろうってちょっと自分が嫌になっちゃった…さよなら」


1週間後


「もう一回会いたい」


「俺も会いたい、けど俺一人で盛り上がるのも虚しい」


「ごめんなさい、もっと誠実に自分の気持ちを言えば良かった」


「本当に信用して良いの?

俺は男だからキスとかその先も求めちゃうかもしれない。

それで他の人にもしてるんでしょ?とか思わない?」


「信じる」


「でも…」


みたいなやりとりして最後には相手に寄り添い会うことに。


駅で集合。個室の店へ。

前回とは打って変わってグダ全くなし。



「私の事好き?」

「付き合ってくれる?」

「本当に付き合ってくれるの??」


などかなり積極的にきた。


ディープキスも沢山した。

途中でストップさせ、

「だめだよ!それ以上したら(エッチ)したくなっちゃうじゃん!」

「えっちはだめ(ハート)」


かなり良い雰囲気で外に出る。

ラブホに向かう。

その途中で

「あっち行こう」と相手から言われた為公園へ。予定外


ディープキスしてきた。

下に手を伸ばそうとしたら、

「外だからだめ」

「じゃあキスも、だめ。したくなっちゃうもん。」

「キスはしたい、嫌だ」


公園出て予定通りラブホへ。

「二人っきりになりたいから入ろ」

「え?そう言うの目的なの??」

「なんでそんな事いうの??酷い」

「次回にしよ」

「なんにもしないよ」

「本当になんにもしない?」


でホテルイン。


で下に手を入れようとしたら、

「今日女の子の日なの…」

え?

とりあえず

「生理の日のって気持ち良いんだよ?知らないの?」

で崩そうとするがどうしても崩せず。


上は脱がすが、下だけはどうしても無理。

生理っていう壁を崩せず。

ひとまずフェラをしてもらい、終わりました。