傘 mitemitai’s blog AFCからナンパ師への道のり

2015.4.14ナンパスタート 最初は典型的なAFC。 ナンパ師への成長過程がブログに記録されてます。 今はまだまだヘボレベル。 公家シンジさん、流星さんが師匠 恋愛工学は一応読んでます

ネトナン55


駅で待ち合わせ。


いつも通り会い店へ向かうが何かおかしい。異様に声が小さい

最近何してるのか聞くと病院行ってると。


重病の難病らしい。


声はそのせいででない様子。


ネトナンならではの誤算…


まぁ声でないとしてもいつも通り。

責める。

けど、あまり喋ろうとしないし、喋ってもほとんど聞こえない

(喋ると痛いって訳ではなさそう。)


相手がどんなであれ、今は楽しませる事を意識。



だが、相手の反応がイマイチつかめず。


ボディータッチも最低限肩叩いたり、

手触ったりまでしかできず。


こういうのも勉強だと思い、場を盛り上げようと努力

結構笑ってはくれるものの、反応つかめず、相手も話そうとはあまりしてくれない為、途中でやる気なくして敗退



相手が病気持ちってのは可哀想だとは思うけど、、、


アポはつまんなかったし、途中でやる気ゼロになったけど、一度戦った相手としてまぁ幸せになって欲しいな。


思ったこと。


話せなくても、相手にだってやれる事はある。でも最初の食いつきが全く無い訳では無かったのに、反応薄いって事は自分を魅力的に見せる力が無かったんだと思う。

相手がどんな感情なのか読み取る事出来なかったのも実力不足かな。


パタヤでは全く言葉通じなくてもコミュニケーションできたし、改善の余地あるはず。


もっと、五感を感じなきゃだめ。