傘 mitemitai’s blog AFCからナンパ師への道のり

2015.4.14ナンパスタート 最初は典型的なAFC。 ナンパ師への成長過程がブログに記録されてます。 今はまだまだヘボレベル。 公家シンジさん、流星さんが師匠 恋愛工学は一応読んでます

ネトナン53-2

53の案件 2回目のアポ

前回ラブホまで連れてって生理と言われたのでそのまま解散した相手


食いつき落ちなかった為、再試合。

前回ラブホまで行ってアポれるのでまずゴールできるはず。


駅集合、店へ行き話する


なんか、相手のテンションが低い。


「今日テンション低くない?」


「笑、なんか仕事の話するとこうなるの」


「じゃあ下ネタがいい?」


「そっちの方がいい!!!」


色々話してディープキスもした。


今までは

ホテル、もしくは家への誘い方は

散歩からの、連れ込みだったが、

ワンパターンなので違うパターンをこれからは試す予定。


ひとまず今日は


「俺この空気感好き、凄い落ち着く。

でも周りに人いるしさ違う場所に行こう。家へ来ない?ゆっくり話そう。」


「家に行きたいの?」


「うん。」


店を出て、そのまま家へ


ギラつく


軽くダメとは言われたがグダほとんどなし。


ゴール


エッチは既に聞き取った通りかなりあっさりしてた。


「もっと、イチャイチャしたいならそうするし、帰るなら帰ろっか」


「じゃあ帰ろ☆」


で着替える


今までやりまんと

やった事何度かあるけど、セックス後のイチャつきを求めない子は初めて。

とりあえずやりたかっただけ?

そういう人?






セックス後の帰り道

俺の会ったばかりの時の印象聞いて見た

「話あうと思った」


いつからエッチしたかったの?

「前回のご飯食べてる頃から」



何人ぐらいエッチした事あるの?

「20〜30人」



どのくらいエッチしてなかったの?

「3ヶ月」



「逆にどのくらいエッチしてないの?」


「半年」


「嘘だ〜絶対そんな事ないでしょ?

セフレとかは?」


「いるっていったら?」


「大人なんだからそのくらいいるよね。」


「3人」


「え?そんなにいるの?

彼女はいるとは思ってたけど…

なんか嫉妬した笑

帰ろって言ったけどなんか…笑

私モテる人好きなの」


「でも、彼女ではないよ。たぶん」


「彼女にしてって言われない?」


「言われる事はあるけれど、みんな他に女いるって察してくれるよ。」


「そうなんだ。その方がいいよね。楽で。」



「でも、こういっちゃなんだけど、○○ちゃんその中で一番タイプだな」


「も〜\(//∇//)\」