傘 mitemitai’s blog AFCからナンパ師への道のり

2015.4.14ナンパスタート 最初は典型的なAFC。 ナンパ師への成長過程がブログに記録されてます。 今はまだまだヘボレベル。 公家シンジさん、流星さんが師匠 恋愛工学は一応読んでます

ネトナン57

その女が

性欲どこ迄強いのか、セックスに対する許容(付き合う前のセックスはダメなもんと思い込む人とか)がどこまでなのか

それを考えながら試合する。


もし性欲が強いなら、それを性欲を刺激。

セックスに対する道徳観念が強いなら色を使う。


そのバランスを考える。


今回の相手。

会う迄のやり取り

少し固い。

おそらく、真面目な付き合いしかした事ない。

色を使う必要ありそう。


ちなみに

途中忙しくてライン放置してた為、

あまり熱くない状態でのアポ。

なのでちょっと難しいかも。


試合開始。

駅で待ち合わせ。


店へ向かう。

その距離感測る。


まぁ普通。


恋愛の話などしても、結構真面目な話多い。


好きなタイプなど、聞いても抽象的。

優しい人

としか引き出せない。

フェチはなし。

元彼の話もあまりよくわからない。

恥ずかしくて、話さないというよりわかってない様子。


性欲が弱く、道徳観念が硬い相手で間違いなさそう。



と言う事で

色>ボディータッチの比率。


色を多用。


ボディータッチに関しては

横座りの席なので

横で密着。

問題なし


ハンドテスト

長時間触る事に対して、若干の拒否あり。


ほんとは触られるのは嫌

と言ってたが、最低限のボディータッチに拒否はなし。


好きかどうかわからない

っていう、道徳観念の硬い女に多いコメント聞き出す、


結局、少し強引に頬へのキスしたまで。


盛り上がりには時間かかりそう。

その日のうちのゴールは厳しいと思い、もういいやと、一時間くらいで解散



反省

こういう性欲弱い、道徳観念が強い女は時間かかる。

良い感じに仕上がってから

アポすれば良かった。