傘 mitemitai’s blog AFCからナンパ師への道のり

2015.4.14ナンパスタート 最初は典型的なAFC。 ナンパ師への成長過程がブログに記録されてます。 今はまだまだヘボレベル。 公家シンジさん、流星さんが師匠 恋愛工学は一応読んでます

ストなん12



夜中の2時半過ぎ?


タゲ発見


「あ!久しぶりじゃん!」


「いや。誰?w」


「いやいやいや、誰とかないから」


「知らない人だしw」


から数分和む


酔っぱってた。


この時間だし雰囲気的には夜の仕事だと思う。


「せっかくの再開だから乾杯しよ!」


「え?どこで?」


「○○バー」


「いや、そこ知らない。(そのバーで私の)知り合いと会うかもしれないからいや。」


「じゃ周りから見えないカラオケとかで飲む?」


「えー?」


「嫌がるってオンチでしょ?w」


「うまいよー!w」


「じゃいこっか!w」


「帰るよーw」


この言い方、行けると判断。


カラオケか、バー挟みのホテルか

天秤にかける。


どちらも行けそうだなと思ったが、


北海グダ崩しやすいのはバー挟みのホテルの方がいいかなと思い、


「どうせ酒豪で飲み足りてないんでしょ?」


「なんでわかんの??」


「顔に書いてあるw  一杯だけならおごるよ、それ以上は酒豪だから自分で払ってw」


「だいじょーぶ!すぐ帰るから!」


「うん、一杯だけだね」


あんまり長居すると空気がダレる可能性も有り、相手の帰りたいって発言を利用しバーは飲みたくてもすぐ出ると言う旨伝える


「え?でも店どこ??やだー」



「とりあえずバーの目の前に行こう

目の前に行って知り合いいそうだったら帰ればいいし。」



「帰るー」


「じゃ帰っていいから歩こ」


でバーの目の前


「ここ知らない!安いー」


「ほら、とりあえず入ろう」


手を引っ張ると入った。


今回の相手は明らかに即系。

なので、色は使わず軽く話す


「絶対エロいでしょ?w」


「えー、エロくないしw」


からエロい話しをしてく。


職業は

キャバ。らしいけど、

風俗っぽい気もする。


その間に

○甘いもの好き

○夜景好き


というのを聞き取る。


食いつきはある。



充分クロージングかけるに必要な情報集めたので、ダレる前に

(店入って5〜10分くらい)クロージングかける。



「俺の泊まってるホテルの上でゆったりした休めるところあるからコンビニで甘いもの買って食べよ!」


「行かないー」


「じゃ夜景は?」


「見ないー」


言葉に意思の強さはゼロ。

とりあえず言ってる感じ


「とりあえず、コンビニ行こう。

俺がコンビニ行きたい。

だから店でよ。」


「うん、店でよ」


で、店出てコンビニイン。


「なんか、欲しいの言って!1品のみ買ってあげるw」


「えー、別に欲しいのないしー。」


「え?欲しいのないの?

じゃ夜景みよ。」


「みないよ」


「とりあえずあっち行こ。俺はあっち行きたいから」


でホテルイン。


とりあえず座ろう。

とりあえず肩揉むわ。

とりあえず肩揉むのに邪魔だから服脱がすわ


みたいに、エロさゼロにして脱がせて行く。


普通の即系に攻める感じで、色なしで責める。


だから、北海グダでたらどうしようと悩んだが、グダ無し。


そして、チングダ…

酒に弱いから普段飲まないように避けてるが、少しならと油断した。


だが、時間かけ立て直し挿入。


ゴール。


なんか、やっぱり風俗もやってるらしい。


かっこいいかっこいい言ってくれたから、やっぱ見た目食いつき

が強かったのが勝因。