傘 mitemitai’s blog AFCからナンパ師への道のり

2015.4.14ナンパスタート 最初は典型的なAFC。 ナンパ師への成長過程がブログに記録されてます。 今はまだまだヘボレベル。 公家シンジさん、流星さんが師匠 恋愛工学は一応読んでます

警戒心強く魅力だけでは落とせない場合で色以外で補強する方法不明

基本は色使わないようにしてる。

で、無理なら色使う。ってのが基本戦略。


オープン。

で、食いつきあるオーラはあるけど、知らない人からの警戒心から、パーソナルスペースに入るのを許されない。連れ出しも拒否される。

これはどんなに粘っても無理かなと思い、ラインゲットし放流。見た感じ即系??


ラインで対面では距離縮められなかった距離を縮めてく。

で、ここで色を使わないと切れると思った。何故かというと、色まで使わないと、警戒心は消えないと思ったから。僕の実力では。

単に直感。

(ちなみにラインでのやりとりでjojoと判明。)



ラインでの言葉に常に否定的な言葉で返信くるが、単なる照れ隠し、と不安からくる素直になれないだけというのがわかった。


なので、そのまま続け、アポ開始


わずかながらに色を使いながら攻める。

頃合い見て、食いつきは上がってる。

で、

①カラオケ→即か

②何件も連れ回し後日即が妥当だろう。


①は個人的に好きではない。

なぜか。トークで相手に理解させてから即したいから。こういう変なこだわりあるから①のやり方が下手なのだろう。

だからこそ①やらないってのはあるけど。 


②その日に即は無理というのは見てわかる。次の即かな。でも、ホテルに誘うという仕草が次回に繋がるのでホテル打診はする。


で②を選択。

でやっぱりホテル打診するからには本気出すものの、やはり無理だったので、次回につなげる。


本来ならこの感じなら損切りだけど

jojoなので、もう一度対戦する



言いたいのはここ。

相手の警戒心が強い場合、その警戒心をひっくり返すだけの何かが必要。

で、僕の魅力だけでは落とせない相手。

そういう相手には色使うしか落とせるイメージわかない。

これはスト高への攻略法みたく、ひっくり返す何かが必要。

スト高の場合、逆張りが必要。

でも、僕はわからない。

だから色を使ってる。

でも、潜在的に色を求めてる感はない子。遊びで落とせる子。

単にその魅力ないだけで。

色以外の落とし方よくわからん(笑)