傘 mitemitai’s blog AFCからナンパ師への道のり

2015.4.14ナンパスタート 最初は典型的なAFC。 ナンパ師への成長過程がブログに記録されてます。 今はまだまだヘボレベル。 公家シンジさん、流星さんが師匠 恋愛工学は一応読んでます

中出し強要女とバトった話

いつもの様にナンパで街を歩いてたら一人の女がいた。夜の雰囲気を伴った女。


その夜の女に声かけした。


反応は良い。


ちょうど腹減ってたという事で居酒屋に行った。


ちょこっと話ししたけど、出身は四国の学生で

で、キャバをやってた。



キャバでお金貯めて整形するんだ。と。


そしてセックスの話。


普段からピルを飲んでる


「私ね、ゴム嫌いなんだ。ゴムあると痛いし。だから普段からゴムしない。」


そしてどM。


病気持ってるリスクは高く、セックス出来る可能性もかなり高い。


病気は嫌だけど、ナンパ師としてセクしたかった。


だけど、ゴムしてるのバレずにセク出来るなと直感。


10分くらいして


「じゃあホテルに行こっか。」


「え?もう?」


少し驚いてたけど、なんなくホテルへ。


どMで虐められるプレイが好きと言ってたのでタオルで目隠しして、SMグッズ使いプレイ開始。


「あー興奮する!!ゾクゾクする!」


少しして


そしてゴムを装着し、挿入。


相手はゴムをしてるのもちろん気づかない。


「あ、大きい!!ちょっと痛いくらい。大きい!」


だがその後すぐに


「あ、待って、マジで足つりそう。」


強制的に一時ストップ。


その時にゴムがついてるのを目撃される。


「なぁんだてめー!!なんでゴムつけてやがる!

どーりで痛いと思ったんだよ!!おらー!!」


「中絶したら体に悪いと思ったから」


物凄い下手くそな弁明。

相手が勢いずく。


「あ??ピル飲んでるっていったろ?もしガキ生まれたって中絶するからいーんだよ、よけーな事考えずにゴム外せ!!

そんなに病気こえーの?」


これは引いたら、一気に攻め込まれるまずいパターン。


「うっせーな、ゴム外しゃーいんだろ?」


どSとして、ここは一歩も引かない


再びプレイ開始

布団で目を隠す。


「あ、、もっといじめて、、」

「ゴムつけてんじゃねーよな?」


相手はどうしてもゴムをしてないか気になるようだった。

それと同時にSMプレイの誘惑に負けてる。

二つの感情が入り混ざった特殊な状態になってた。


「うっせーな、ゴムつけてねーよ。

何こっちみよーとしてんだよ。」



こっちも引けない。

もちろん

挿入をしなかったらヘタレだと

絶対キレてくるだろう。



短時間で発射しゴムを外し、あとはどMプレイをし、その最中に視覚を作ってゴムつけてない事を見せるしかない。


挿入2秒で出た。

早すぎるので10秒くらい動かした。

ちょっとしんどい。



で、どMプレイ。


「あ、あ、興奮する」

「ゴムは?」


「つけてねーし、」


「あ、、ほんとだ、、、」


ちょっとして

「もう時間だから。」


「え、挿入したけどちょっとしか入れてないよ?出さないの?いいの?」


「いや、時間がやばいから。」


ホテルを出た。


居酒屋に再び

整形の話をしながら、


昔の写真を見せてくれた


「昔の写真かわいいじゃん。

しなくてもいいくらい。」


その瞬間またキレてきた。


「いくらお金掛かってると思ってんだよ!」

 

これは、高確率でトラブルになる。必死でなだめた。


いくら掛かったのか聞きたかったが

そんな余裕はない。


どのくらいなだめてたのかな。




最後は相手も疲れてた。


疲れを癒す為

ご飯を一緒に行き、無事にさよならをしていった。


終わり